【RISE】〝戦うジャニオタ〟寺山日葵がJタレ共演へ鼻息全開

2020年09月30日 20時26分

公開練習でミットを打つ寺山日葵(RISE提供)

 立ち技打撃格闘技「RISE」のビッグマッチ「DEAD OR ALIVE 2020 YOKOHAMA」(10月11日、神奈川・ぴあアリーナMM)でerika♡(30)と対戦する〝戦うジャニオタ〟こと寺山日葵(19)が悲願達成へ勝利を誓った。

 寺山はキックボクシング最強女王決定トーナメント「RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020」に出場。様々な団体の王者を含む8選手によるトーナメントで11日に1回戦を戦った後、11月1日のエディオンアリーナ大阪大会で準決勝と決勝が行われる。

 RISE QUEENミニフライ級王者で優勝候補筆頭の寺山は「トーナメント次第で女子キックが変わっていくと思う。今回だけで終わらせてはいけない。来年、再来年と続くものになるようにできるかは私たち次第だと思う」と力を込めた。

 27日には格闘技イベント「RIZIN.24」で那須川天心が皇治に圧倒的判定勝ちを果たした試合を観戦。「刺激? 受けましたね。圧倒的に皇治選手が何もできなかった。自分も11日、やってやるぞっていう気持ちになりました。自分はもらわず自分の攻撃を与える理想的な試合。自分もなるべくその理想に近い試合がしたい」と同じTEPPEN GYMを拠点とするキック界の神童に続くことを誓った。

「優勝してジャニーズとの共演に近づきたい? その思いは非常に、非常にあります」と相変わらずの野望を口にした寺山だが、まず最初の関門を突破できるか。