【極真全日本空手道選手権】男子は鎌田翔平が連覇宣言

2017年10月05日 16時30分

鎌田翔平

 極真会館の全日本空手道選手権(11月3~4日、東京体育館)で、前年覇者の鎌田翔平(30)が4日に行われた会見で連覇を宣言した。4月の世界ウェイト制重量級を制すなど絶好調。刺激を受けたのは、リオ五輪レスリング女子48キロ級金メダリスト・登坂絵莉(24=東新住建)の存在だ。ともに富山・高岡市出身。面識はないものの、同じ格闘技だけにライバル心が芽生えている。「登坂選手は地元でも有名で英雄的な存在。ボクも極真で強くなって世界チャンピオンになって盛り上げていきたい」と“登坂超え”への第一歩とする構えだ。