【空手】植草歩 パワハラ解任の香川政夫氏と「同じ目標に向かってやってきたつもりですが…」

2021年04月09日 19時35分

植草歩

 東京五輪組手女子61キロ超級代表の植草歩(28=JAL)は9日、自身に対して竹刀を使った練習でパワハラ行為を行った香川政夫氏(65)が同日の全日本空手連盟の理事会で選手強化委員を解任されたことを受けて、ブログを更新した。
 植草は冒頭で「この度は、全日本空手道連盟の皆様のご尽力により迅速にご対応いただき感謝しております」と記し、今回の問題について「人それぞれ立場も違えば感じ方も異なるので、空手界の一部で起こっている私への批判等も覚悟の上で精一杯勇気をもって行動しました」とつづった。

 また、香川氏については「学生時代から師範の下で指導を受け、同じ目標に向かってやってきたつもりですが、ある時から、師範の思い描く道と私が求めていく道が変わっていき、衝突が多くなりました。そんな中でもコミュニケーションをとることを心掛けていましたが、理解されず苦しい思いをすることが多くなっていきました」と、経緯を明かしている。

 両者は3月31日の倫理委員会で聞き取り調査を受け、1月27日の帝京大学内の練習で香川氏が竹刀を用いた練習を行い、植草の目が負傷した事実が認められたが、全空連は「両者の主張が食い違う部分もあった」としている。

 植草は「選手と指導者は立場が異なるので、考え方に違いが生じることは当然かもしれませんがその前提として、選手と指導者がお互いを尊重しあえる風通しのいい環境がスポーツには必要だと思います。今回の結果が その一歩となることを強く望んでいます」と書き記した。

関連タグ: