【全空連】〝竹刀パワハラ〟で剣道連盟へ謝罪「同じ武道団体としてあってはならない」

2021年04月09日 18時10分

植草歩

 全日本空手道連盟(全空連)は9日、都内で理事会を開催し、東京五輪組手女子61キロ超級代表の植草歩選手(28=JAL)へ竹刀を使った練習を行った香川政夫選手強化委員長(65)に対する処分の協議に入った。

 冒頭で笹川堯会長(85)は「この度は世間の皆様、スポンサー、関係者各位に本連盟の組織体制がしっかり整っていなかったことが原因となって一連の騒動を起こし、誠にご迷惑かけ、ご心配をかけ深くおわびします」と謝罪。

 さらに、竹刀を使用した際に植草の目が負傷したことを受け、剣道連盟に謝罪文を送ったことも明かした上で「私自身が直接、参上しておわび申し上げました。ご承知のように竹刀は剣道の道具。同じ武道団体としてあってはならない行為だったと考えております」と話した。

 また、笹川会長は改めて竹刀を使った練習について「全空連として決して認められるものではない。固く禁止することを決める」として、理事会で提案する意向を示した。

関連タグ: