【全空連】植草歩へのパワハラ認定「竹刀を用いた練習は大変危険」

2021年03月31日 20時31分

植草歩

 全日本空手道連盟(全空連)は31日、東京五輪・女子組手61キロ超級代表の植草歩(28=JAL)が香川政夫選手強化委員長(65)からパワーハラスメントを受けていたと訴えた件について、都内で倫理委員会を開催。両者に事情聴取を行った。

 終了後、報道陣の取材に応じた植草は「きちんと話してきた」とコメント。全空連は同日夜に、ホームページ上で「1月27日の帝京大学内の練習において、帝京大学師範香川政夫氏が竹刀を用いた練習を行い、植草歩選手が目を負傷したということが事実関係として認められました」との声明を発表した。

 その上で「本連盟倫理委員会としては、竹刀を用いた練習は大変危険であり、どの練習においても全く認められるものではありません。引き続き該当事項について調査してまいります。なお、処分内容については理事会の決議により決定されます」とつづった。

 植草は12日に、パワーハラスメントの被害を日本オリンピック委員会(JOC)の通報・相談窓口に相談。28日には自身のブログで「練習環境のこと、大学院進学のこと、その他プライベートや自活の為の仕事のことなどで、自立心・自尊心を傷つけられたり、大声で怒鳴られたりすることが多くなりました」などと被害の全容を告白していた。

関連タグ: