【空手】金メダル候補の男子組手・荒賀&女子形・清水が熱い焼き肉トーク

2020年08月24日 21時47分

荒賀(左)と清水

 24日に行われた「キッコーマン空手応援ライブ」に東京五輪の空手で金メダルが期待される男子組手75キロ超級の荒賀龍太郎(29=荒賀道場)と女子形の清水希容(26=ミキハウス)が参加。焼き肉について熱い議論を交わした。

 好きなお肉の部位について聞かれると、荒賀は「僕はハラミです。少し前まで上カルビが好きだったんですけど、最近は食べられなくなった」と苦笑い。清水も「赤身が好きです。自分も脂が多いと食べれなくて、胃もたれしちゃいます」と意外な悩みを口にした。

 また、2人は食べ方にもこだわりがあるという。荒賀は「最近は塩で食べるのが好きなんですけど、やっぱり焼き肉のタレをご飯につけて食べるのは昔から変わらずにやっていることなので、シメはそういうふうになりますね」と王道を突き進む。一方の清水は「最初はタレで食べるんですけど、基本的にはしょうゆで食べるのが好きです。濃いものよりもサッパリと食べる方が好きなんですけど、そういうので食べたりします」と、独自のこだわりを明かした。

 ちなみに、イベント内では、キッコーマンの人気商品「わが家は焼肉屋さん」の公認キャラクター「やきにくま」も登場。好きなお肉の部位は「上カルビ」と語るなど、舌の肥えた食通な一面をのぞかせた。