東京五輪・空手女子組手の植草歩「もっと強くなれる」拠点練習を再開

2020年06月30日 14時15分

植草歩

 東京五輪の空手女子組手61キロ超級の植草歩(27=JAL)が30日に自身のインスタグラムを更新し、拠点練習を再開したことを明かした。

 昨年末からさらなるレベルアップを目指し、香川・高松中央高の空手部監督を務める崎山幸一氏から指導を仰いでいたが、直接会ったのは3か月ぶりだという。

 植草は「ずっと電話や動画のやり取りだったけど、こうして会えると捉え違いや自分で気づいていない癖をきちんと修正できる」とコメント。

 さらに「また変われる、もっと強くなれるって思わせてもらえます。不器用ですぐに出来ない自分にずーっと熱心に教えてくれる崎山先生と付き添ってアドバイスしてくれる出町に本当に感謝」とつづった。

 ファンからは「もっと強くなれます。頑張ってください!」「ケガにはくれぐれも気をつけてくださいね!応援しております」など、多くのメッセージが寄せられている。