【Kー1】ウエルター級王者の野杁が世界トーナメント開催を熱望 4人制への変更を提唱

2021年09月21日 16時47分

4人制の世界トーナメントを提唱した野杁
4人制の世界トーナメントを提唱した野杁

「K―1 WORLD GP 2021 JAPAN」(20日、横浜アリーナ)で第2代ウエルター級王座決定トーナメントを制した野杁正明(28)が、世界トーナメントへの独自提案を行った。

 トーナメント3試合を全てKOで勝利し完璧な形でスーパー・ライト級との2階級制覇を達成。この日の一夜明け会見では「1回戦、準決勝は合格点をあげられる試合だったんじゃないかなと。決勝も1RでKOしたかったんですが無理して攻めるとリスクもあるし、直前に対策を練って『3Rかけて倒せばいい』ってセコンドとのやり取りもできたので、作戦通りにできてよかったと思います」と振り返った。

 とはいえ現状で満足はしていない。「圧倒的な強さを見せつけないといけないと思いますし、この階級の海外の強豪選手はまだまだいますし、ピケオーもアンサーしてくれてますし、海外の選手も呼んで、このベルトかけてトーナメントやりたい。昨日もですが、無理して8人集める必要はないかなと。4人トーナメントで1日に2階級のトーナメントを見れるのも贅沢ですし」と提唱。現在はコロナ禍により困難となっている世界トーナメントを早くも見据えている。

 ウエルター級では判定勝ちが続いていたことで、トーナメント前にフィジカルを徹底強化した。「今は外国の選手相手でもKOできる自信はありますし。日本人選手とやって倒せるところを見せられたので、次は外国人選手を倒すところを見せないといけないと思ってます」と腕をぶした野杁。「これからも怪物らしくバタバタ倒していくので期待してください」と自信をみなぎらせていた。

関連タグ:
 

ピックアップ