【K―1】王者・江川優生 初防衛&リベンジに向け、打倒・椿原誓う「とっ捕まえてぶっ飛ばします」 

2021年03月14日 11時43分

公開練習を行った江川(右)「(C)K-1」

 立ち技格闘技「K―1」の年間最大イベント「K’FESTA.4 Day.1」(21日、東京ガーデンシアター)で、椿原龍矢(21)と対戦するフェザー級王者・江川優生(23)が、初防衛&リベンジに向けて絶好調宣言を放った。

 昨年9月の大阪大会で椿原に敗れて以来、約6カ月ぶりの試合となる江川。今回はフェザー級王者として、椿原の挑戦を受ける形でのリベンジマッチに臨む。

 試合を約1週間後に控えた13日、東京・足立区の「POWER OF DREAM」で公開練習を行った江川は、2分1Rのミット打ちで古川誠一会長の持つミットに軽快なステップからパンチと蹴りを繰り出し「コンディションはバッチリ。あと1週間で減量と仕上げていく感じです」と好調をアピールした。

 前回の椿原戦で江川は左足を骨折したままリングに立ち判定で敗れたが「悔しさをバネにぶっ倒す気持ちだけでキツイ練習をたくさんやってきました。(悔しさは原動力になっている?)かなりなってますね」と話す。さらに「ここに来るまであっという間でした。気づいたら追われている立場になったし。でも、その中でもいいパフォーマンスができる、いい練習が出来ているので、すごく試合が楽しみです」と続けた。

 対戦カード発表会見では「一度負けている時点でチャンピオンじゃないんで、ベルトを肩にかけるのも、こうやってベルトを目の前に置くのもイライラする」と不快感を露わにしていた江川。しかしこの日は穏やかな表情で「試合が楽しみ」という言葉を繰り返した。会見から試合に向けて「すごくいい練習ができている」ことで充実した日々を過ごしたことが心境の変化になっている。

「今は純粋に試合が楽しみで、早く試合がしたい。いいパフォーマンスをできる自信しかないです。今回は僕がとっ捕まえてぶっ飛ばします」

 今回が初の「K’FESTA」出場。昨年は怪我で欠場しているだけに「あの時は悔しくて泣いた」と〝年間最大のビッグマッチ〟への想いを語り、王者として日本武道館で28日に行われる「K’FESTA Day.2」へのライバル心も口にした。

「僕たちの方が先にやる分、火付け役にならないといけないし、Day.1も楽しんでもらって、Day.2も楽しみだなと思ってもらえる試合をしたいです。『武尊VSレオナ』にライバル心? 階級は違いますけど、一階級しか違わないので、そういう目でも見ています。可能性としてはそこと当たることもあると思うので。一番目立ちたい? もちろん。格闘技をやっている以上はそう思われたいので全力で戦います」

 最後に「色んな団体がある中で、僕はK―1が最強最高の舞台だと思っています。それを証明するために江川優生、全力で努めてまいりますので応援よろしくお願いします」とメッセージを送った江川。メインイベントでチャンピオンとして輝きを放つか。

関連タグ: