【K―1】武尊「自分の口でみんなに伝える」〝6月に東京ドームで那須川戦〟報道に反応

2021年01月29日 22時42分

武尊

 K―1スーパーフェザー級王者・武尊(29)が自身のSNSを更新。レオナ・ペタス(28)を迎え撃つV2戦などが行われる「K―1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4~」(3月28日、日本武道館)に向けての思いをつづった。

 一部の週刊誌上で、6月に東京ドームで那須川天心(22)との対決が実現すると報じられたことに触れ「今日もやりきった。週刊誌の記事で色々騒がれてるけど 今は目の前の試合だけに集中したいし 試合は毎回死ぬかもしれないという覚悟を持って挑むから 試合後の予定は何も立てない。その後のことは勝ってから決めるし 自分の口でみんなに伝える。今は3月28日必ず勝つ為に生きる。応援お願いします!」と胸中を吐露。まずはペタス戦に集中する考えを示した上で、その後の展開にも含みを持たせた。

 インスタグラムでは鬼気迫る表情でのミット打ちの動画と、トレーニング後とみられる、引き締まったトランクス姿の写真を投稿。すでに戦う準備は整っているようだ。