【K―1】中村プロデューサー “強行開催”を後日改めて説明

2020年03月24日 16時35分

中村拓己プロデューサー

 大波紋を巻き起こしたK―1の「「K’FESTA.3」(22日)から一夜明け、K―1の中村拓己プロデューサー(38)は「新型コロナの影響がある中での大会開催となりましたが、会場側と事前に協議し、最大限の予防策を講じて開催しました」と改めて語った。

 国と埼玉県から開催自粛を求められながらも大規模イベントを“強行開催”し、ファン、関係者の間では賛否両論が起こった。会場のさいたまスーパーアリーナに集まった観衆は、昨年同大会の1万6000人から6500人(ともに主催者発表)に激減。同プロデューサーは「昨年よりも少ない数字ですが、対策の一環として、密集を避けるために席を少なくつくりました」と説明したが、観戦を自粛したファンも決して少なくはなかったとみられる。会見では質疑には一切応じず「後日、改めて説明する場を設けさせていただきます」。現段階では今後に予定する大会は全て行う方針を強調した。