【K―1】武尊 対戦相手急きょ変更も「勝ちます」と宣言

2020年03月21日 16時12分

武尊(左)とペッダム・ペットギャットペット

「K―1」の年間最大イベント「K’FESTA.3」(22日、さいたまスーパーアリーナ)の前日計量が21日、都内で行われ、スーパーファイトでペッダム・ペットギャットペット(24=タイ)と対戦する武尊(28)が60キロジャストで一発パスした。

 当初はISKA世界ライト級王者アダム・ブアフフ(29=モロッコ)と、自身が持つK―1スーパーフェザー級をかけたダブルタイトル戦を戦う予定だった。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響でブアフフの来日が不能となり試合はキャンセル。代わりにペッダムとノンタイトルで激突することが決まった。

 59・30キロでパスしたペッダムとにらみ合った武尊は「本来ダブルタイトルマッチだったが、試合が変わってしまった。この状況で試合を受けていただいたペッダム選手に感謝しています。対戦相手が変わったのも自分への試練だと思う」と闘志十分。

 続けて「K―1王者は世界最強じゃないといいけないので、それを証明する試合をしたい。そして、こういう時期に開催されるので、みんなにパワーを与えられる試合をお見せしたいです。勝ちます」と宣言し、拳を握った。