【K-1】木村ミノル スーパーウエルター級で初王座狙う

2020年01月27日 16時30分

海斗(左)を鋭い視線でにらみつける木村

 立ち技打撃格闘技イベント「K―1」で今、最も勢いに乗っているのが木村“フィリップ”ミノル(26=ブラジル)だ。6連続KO勝利中で、昨年はK―1の全5大会に出場。大活躍で団体の顔となったブラジルのだて男は、年間最大イベント「K’FESTA.3」(3月22日、さいたまスーパーアリーナ)で「第3代スーパーウエルター級王座決定トーナメント」に出場する。

 これまで主戦場としてきたウエルター級から1階級上となるが、26日の会見では「新たな挑戦だけど、めちゃくちゃ調子がいいですね。パワーもあふれている。無理のないチャレンジで、突進力もスピードも上がると思う」と初のK―1王座奪取に自信を見せた。

 1回戦で対戦する海斗(24)に対して「一刻も早く倒して、ノーダメージで準決勝に備えたい。覚悟してリングに上がってほしい」と警告するなど余裕の表情。将来的なウエルター級との2階級制覇も見据えており、「K―1の歴史に名を残すファイターになりたい」ときっぱり。このまま連勝記録を伸ばして悲願のベルトを巻く。