【ボクシング】具志堅会長 愛弟子・比嘉の挑戦者を質問攻め「花粉症ですか?」

2018年04月10日 16時41分

挑戦者クリストファー・ロサレス(左)を質問攻めにした具志堅会長

 WBC世界フライ級タイトルマッチ(15日、横浜アリーナ)で王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅)に挑む同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)が10日、東京・新宿区の帝拳ジムで公開練習を行った。

 練習前の会見では、具志堅用高会長(62)が最前列に陣取り「花粉症ですか?」「彼女はいる? 何人?」「好きな食べ物は?」と質問攻めにする場面も見られた。

 過去2度の比嘉の防衛戦前には、相手の出身国に合わせてフランスパンとタコスを差し入れた。今回は何を持参したのかと注目が集まる中、カバンから取り出したのは、ニカラグア産のコーヒー豆だった。

 ジムが入っているビルにあるコーヒー店でわざわざ取り寄せてもらったという逸品で、「最高のやつですから(ホテルの)部屋で飲んでください」(具志堅会長)。

 その後の練習は「もう51・3キロまで落ちている」(ロサレス)とスパーリングもミット打ちもせず、軽くシャドーボクシングと縄跳びをしたのみ。

 そんな挑戦者について具志堅会長は「体幹が強そうだし、足を使ってくるだろうから、打ち合ってくれないかも。(100戦以上の)アマ戦績があるし、彼のボクシングにはまらないこと」と警戒した。