【ボクシング】井上尚弥5・25WBA世界バンタム級王座挑戦 ぶっつけ3階級制覇へ

2018年03月07日 16時30分

左手で3階級制覇をアピールする井上

“山中イズム”で王道を突っ走る。大橋ジムは6日、所属でWBA世界バンタム級1位の井上尚弥(24)が5月25日に東京・大田区総合体育館で同級王者ジェイミー・マクドネル(31=英国)に挑戦すると発表した。7度防衛したWBO世界スーパーフライ級王座をこの日付で返上。調整試合を挟まずに3階級制覇に挑む「怪物」の目指すところは何か?

 この日、都内で会見した井上は「バンタム級は日本のボクシングファンにもなじみがあるし、自分も小さいころから見てきたのが多い。素直にすごくうれしかったし、モチベーションも上がった」と早くもやる気をみなぎらせた。

 マクドネルは現王座を6度防衛中。身長178センチ、リーチは183センチと非常に大柄なボクサーで、2007年にイングランド王座、13年5月にはIBF世界王座を獲得するなど、バンタム級でのキャリアも長い。15年には亀田和毅(26=協栄)の挑戦を2度にわたって退けている。

 一方の井上はWBO世界スーパーフライ級王座V7を誇るとはいえ、初体験の階級で「前哨戦」を挟まずいきなりの世界挑戦にはリスクも伴う。それでも「(昨年末に)V7を達成した時に、スケジュールが空いているバンタム級の王者はマクドネルしかいなかった」と怪物の頭には即階級を上げての3階級制覇挑戦しかなかった。

 なぜか。その根底には「スーパーフライ級ではナルバエス戦以外は、やりたい相手とやりたい試合ができなかった」との思いがあるからだ。14年12月に当時WBOスーパーフライ級王座を11連続防衛中だったオマール・ナルバエス(42=アルゼンチン)を2回KOで破って2階級制覇を果たした一戦は世界に衝撃を与えたが、その後の試合では世界的な評価をさらに高めたとは言いがたい。

 昨年9月のV6戦で念願の米国デビューを果たした際には「今後も年3試合のうち、1試合は海外でやりたい」との希望を語った。マクドネルはボクシング熱の高い英国でも絶大な人気を誇るが「ここでいい倒し方をしておけば英国でも(井上人気が)盛り上がるだろうから行きたいです」と、一気に英国進出の足がかりにもしたい考えだ。

 さらにその先にあるのは「上にはスーパー王者がいるので、それははっきりさせたい」と、同じ英国のWBA世界バンタム級スーパー王者ライアン・バーネット(25)との頂上決戦。IBFとの統一王者でもあった強敵のアウェーで拳を交えるのは危険極まりないが「僕はプレッシャーを力に変えられる性格なのでどんどんプレッシャーをかけてください」と、むしろこうした戦いを強く望んでいる。

 リスキーな試合の連続は、1日にルイス・ネリ(23=メキシコ)との再戦に敗れて引退を表明した元WBC世界バンタム級王者の山中慎介(35=帝拳)が歩んできた道でもある。山中は12度の防衛成功のうち、過半数の7試合の挑戦者が元世界王者で、強敵との対戦ばかりだった。

 怪物が目指すのは「神の左」に勝るとも劣らないタフなマッチメーク。難敵を下していくことで、海外での評価も再び上げていく構えだ。

 ファイティング原田から始まり、近年では辰吉丈一郎、長谷川穂積といったレジェンドたちが名を連ねる日本のバンタム級の“後継者”として王道を突き進む。