山中撃破の“スーパーヒール”ネリを止めるボクサーはいるか

2018年03月02日 16時30分

愚行を繰り返したネリ(右)にダウンを喫した山中

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ(1日、東京・両国国技館)で、元王者で同級1位の山中慎介(35=帝拳)は前日計量をパスできずに王座を剥奪された前王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)に2回1分3秒、TKO負けを喫し王座奪回に失敗した。

 ネリは入場時から大ブーイングを浴びたが、観客からの罵声を全く気にせず山中を返り討ちにした。山中がリングを下りた後も陣営とともに延々と勝利の喜びに浸った。

 ふてぶてしさは控室でも変わらず。1回で前日計量をパスした山中に対し、自身は試合当日の昼まで十分な食事を取れなかった(当日計量リミット58キロを57.5キロでクリア)…と“制御不能”な主張で「山中は計量後に食事で体力を回復した。身体的なメリットは山中にあった」と言ってのけた。自身が体重超過で失格したことを忘れたかのようで、山中にも最後に「申し訳ない」とひと言、謝っただけ。「世界チャンピオンではないが、勝てばまたその座に戻ることができる」と、日本のボクシングファンの感情を逆なでするような態度を貫いた。

 ただ2戦連続で「神の左」を完封した実力は本物。日本ボクシング界にとって“スーパーヒール”と化したネリを止めるボクサーはいるのか。バンタム級に転向を明言しているWBO世界スーパーフライ級王者の“怪物”井上尚弥(24=大橋)は山中の敗戦に「コメントできない。ショックです」と語ったが、果たして…。