【ボクシング】世界初挑戦の松本亮 KOでのベルト奪取に意欲

2018年02月27日 15時24分

 WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(28日、後楽園ホール)で世界初挑戦する同級11位の松本亮(24=大橋)と王者のダニエル・ローマン(27=米国)が27日、都内で前日計量を行い、松本はリミットの55・3キロ。ローマンは54・9キロでともに一発でパスした。

 松本が勝てばジム通算4人目の世界王者となる。大橋秀行会長(52)は横浜高校(神奈川)の先輩で、同じようにヨネクラジムで4人目の世界王者となったという、勝利に導かれるような縁もあって「ワクワクしています」と松本。「いいパンチが当たったら、行こうと思ってます」と、KOでのベルト奪取に意欲を見せた。