【ボクシング】山中 王者ネリと半年ぶり対面「小さい、という印象」

2018年02月26日 15時00分

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ(3月1日、両国国技館)で対戦する前王者で同級1位の山中慎介(35=帝拳)と現王者のルイス・ネリ(23=メキシコ)が26日、都内で予備検診を行った。

 昨年8月、山中のV13戦でネリが衝撃の4ラウンドTKO勝ちして以来の対面となった両者。身長、リーチとも5センチ上回った山中はネリについて「小さい、という印象」と話した。半年前に比べると「同じ計量2日前ですけど、前回より体調はいいです」と山中。

 一方、日に日に増える陣営が総勢30人になることを明かしたネリは「タフな試合になると思うけど、必ず勝つ」と自信タップリで話していた。

 またセミのIBF世界スーパーバンタム級タイトルV1戦を行う王者の岩佐亮佑(28=セレス)と同級13位の挑戦者、エルネスト・サウロン(28=フィリピン)も予備検診を行い、岩佐が身長で5センチ、リーチでも8センチ上回ることが明らかになった。

「非常にいい調整ができた」と明るい表情で話した岩佐に対し、24日に来日し、公開練習も行っていないサウロンは「調子はいい。自分の強みはパワフルなこと」と話した。