ネリ来日 ドーピング対策は万全?「米国産のオーガニック牛肉を食べている」

2018年02月20日 20時09分

 昨年8月のWBC世界バンタム級タイトルマッチで王者(当時)の山中慎介(35=帝拳)を4ラウンドTKOで破った現王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)が20日、リターンマッチ(3月1日、両国国技館)のために来日。都内のホテルで取材に応じ「タフな試合になると思うので、勝率は50―50。それでも必ず勝つ」と話した。

 ネリは昨年8月の試合前に行われたドーピング検査で陽性反応を示したが、WBCが「故意に禁止薬物を摂取した確証を得られない」として処分はなかった。

 陽性反応を示した原因がメキシコ産の牛肉にある可能性が高いことから「米国産のオーガニック牛肉を食べてる。2か月前からは栄養士をつけて、今回に向けても2度ドーピングの検査をした」と潔白をアピールした。