【ボクシング】スーパーフライ級で3・26復帰戦 八重樫東4階級制覇へ新たな決意

2018年02月11日 16時30分

 ボクシング元3階級制覇王者の八重樫東(34=大橋)が10日、2人のボクサーから刺激を得て4階級制覇を誓った。

 3月26日に東京・後楽園ホールで再起戦を行うことが決定。昨年5月にIBF世界ライトフライ級王座から陥落し、動向が注目されていたが「満足できない部分があった」と現役続行を決断した。

 3月1日には、昨年8月のV13戦で敗れて同じく進退が注目された同学年の前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳)が王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)との再戦に臨む。八重樫は「同世代はみんな引退していく。次の試合では勝ってほしい」とエールを送った。

 さらに合同トレーニングを行ったWBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅)についても「彼はフレッシュ。自分のトレーニングのモチベーションにもつながる」と語った。

 再起戦はスーパーフライ級に階級を上げてインドネシアフライ級王者のフランス・ダムール・パルー(34)との10回戦。「やるべきことは多い」と不安も口にしたが「だからこそ挑戦しがいがある」と捲土重来を期した。