【ボクシング】MVP村田諒太が標的 田口、比嘉、井上尚が“包囲網”

2018年02月10日 16時30分

 ボクシング界に“村田包囲網”だ。2017年度年間優秀選手の発表と表彰式が9日に都内で行われ、MVPにはWBA世界ミドル級王者の村田諒太(32=帝拳)が初選出されたが、周りからは「次は自分が」の声が相次いだ。

 日本では竹原慎二氏(46)以来、22年ぶり2人目のミドル級王座獲得の快挙だけに順当な結果となった。村田は「まずはV1戦(4月15日、横浜アリーナ)に勝って、ゴロフキンやカネロ(サウル・アルバレス)でも、できる限り評価の高い選手とやりたい」と今後への意気込みを語った。

 だが昨年大みそかのWBA、IBF世界ライトフライ級王座統一戦が年間最高試合賞に選ばれた田口良一(31=ワタナベ)は「村田さんだと思った」と納得の一方で「取れなかったのは残念。どんどん価値ある試合をして来年も(MVPに)ノミネートされるように」と日本人では前例のない統一王者での防衛をして村田超えを目指す。

 また昨年5月の王座獲得と同10月のV1戦にKO勝利してKO賞となったWBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅)は「記録を伸ばして、もっと有名になって取れれば」と4日に日本記録タイの「15」に並んだ連続KOの新記録をつくってのMVP取りに意欲を見せた。

 さらに2年連続で準MVPにあたる技能賞のWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋)は、今年はバンタム級転向が濃厚で「挑戦する立場になるけど、いい選手といい内容の試合をしたい」とこちらも14年度以来となるMVP奪還に意欲。世界王者たちによる新たな戦いの火ぶたが切られた。