V2比嘉大吾 快勝後はあいさつ回りに大忙し「睡眠時間は1時間ぐらい」

2018年02月05日 11時52分

一夜明け会見で笑みを見せた比嘉(左)と具志堅会長

 4日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチで元2階級王者の挑戦者、モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1回2分32秒、KOで下して2度目の防衛に成功した比嘉大吾(22=白井・具志堅)が5日、沖縄・那覇市内で一夜明け会見を行った。

 前夜は具志堅用高会長(62)ら陣営とともにスポーツバーで自身の試合映像を見ながら食事。その後もあいさつ回りに忙殺されホテルに戻るとメールやLINEの返信に追われ「睡眠時間は1時間ぐらいです」(比嘉)。

 それでもすべてから解放されたことで「試合前は減量とプレッシャーで時間がたつのが遅かったけど、終わるとあっという間ですね」とホッとした表情を見せていた。

 今月末には早くも「次のステージ」へ向けてアクションを起こす。

 具志堅会長は「米国でキャンプをやって『スーパーフライ2』を見に行きます」と明言。24日にロサンゼルスで開催される、Sフライ級を中心とした「軽量級のオールスター」ともいえる大会を観戦して、近い将来の階級アップを見据えた視察をし、さらに本場の関係者やファンに対してアピールする作戦も考えているという。

 今週土曜(10日)からは「地獄の階段ダッシュをすることが決まってます」(比嘉)と早くも始動することが決定済み。

 前夜の勝利でデビューからの連続KOを「15」に伸ばし、元WBC世界スーパーライト級王者の浜田剛史氏(57)の持つ連続KO日本記録に並んだが、さらなる高みを目指して突っ走る。