【ボクシング】拳四朗 V2戦は「インパクトのある試合に」

2017年12月28日 16時09分

 30日に横浜文化体育館でWBC世界ライトフライ級V2戦を行う拳四朗(25=BMB)と同級11位の挑戦者ヒルベルト・ペドロサ(25=パナマ)が28日、都内で調印式を行った。

「テレビの生中継があるのがうれしい。すごいモチベーションになる」と、世界戦3戦目で念願がかなったことに喜びを爆発させる。

 一方、10月のV1戦は判定勝ちしたものの、4ラウンド終了時の公開採点で3人のジャッジ全員に挑戦者を支持されたことを猛反省。「前回は前半に(ポイントを)取られすぎたので、今回は油断しないように。最近KOが少ないので、世界戦でも倒せることを見せて、インパクトのある試合をしたい」と意気込みを語っていた。