【女子ボクシング】黒木優子 完敗でV6逃すも心は折れず

2017年12月18日 16時30分

小関(左)のパンチを顔面に食らう黒木は防衛に失敗

 ボクシングのWBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチ(17日、福岡・九電記念体育館)で王者の黒木優子(26=YuKoフィットネス)は、挑戦者で同アトム級王者の小関桃(35=青木)に3―0で10回判定負けした。黒木は6度目の防衛に失敗し、小関は2階級制覇となった。

 距離を取って戦いたい王者だったが、しっかりと“黒木対策”をしてきた小関に主導権を握られると、詰め寄られて有効打を打ち込まれた。地元福岡で完敗。判定結果が出る前から涙を見せた黒木は「申し訳ない。自分のボクシングができず、相手の土俵で戦ってしまった」と反省した。

 ただ、うなだれながらも「目標は統一チャンピオン。またチャンピオンに返り咲きたい」と心は折れていない。というのも、黒木には「東京でまた試合がしたい。女子ボクシングをメジャーにしたい気持ちが一番」との強い意向があり、引き続き、業界をけん引していくことを誓った。

 そのルックスから“ボクシング界のゆうこりん”とも呼ばれる黒木の挑戦はまだまだ続く。