【ボクシング】田中恒成 WBO王座返上し フライ級転向「減量もう無理」

2017年12月06日 13時45分

WBO王座返上とフライ級転向を発表した田中恒成

 WBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(22=畑中)が6日、名古屋市内で会見し、王座返上と来年からのフライ級転向を発表した。

 田中は9月、2度目の防衛戦に勝利したものの、両目の眼窩底骨折と目の上の裂傷を負い、約2か月間の安静を余儀なくされた。熱望していた年末のWBAライトフライ級王者田口良一(31=ワタナベ)との統一戦も白紙になり、今後の動向が注目されていた。

 田中は「田口選手との統一戦はやりたかった。でもライトフライ級での減量がもう無理で、ベストコンディションではできないこともわかっていた。気持ちを新たに頑張りたい」と転級の理由を説明。畑中会長も「健康管理上よくない」と転級を勧めた。

 ケガからは順調に回復。体を動かし始めてはいるが、本格的にトレーニングに取り組むのはこれからになる。順調なら「WBOさんには来年春ごろ(3~4月)、挑戦者決定戦をやりたいと言った」(畑中会長)。大みそかはトリプル世界戦を中継するTBSのゲストとして、田口の統一戦などを観戦することになる。