14連続KOで初防衛の比嘉 井岡に「統一戦、よろしくお願いします!」

2017年10月22日 20時11分

マソン(左)をTKOで下した比嘉

 WBC世界フライ級タイトルマッチ(22日、東京・両国国技館)は、王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅)が同級5位の挑戦者トマ・マソン(27=フランス)を7R1分10秒TKOで下し、初防衛に成功した。

 王者は試合開始から連打で挑戦者を圧倒。7Rに強烈な左でダウンを奪うと、マソンは左目上を痛め、ドクターのチェックが入り、レフェリーは試合をストップした。沖縄出身王者では初防衛戦で初のKO勝ち。デビュー戦以来14連続KO勝利で、浜田剛史氏らの15連続KOの日本記録にも王手をかけた。

 比嘉は試合後のインタビューで「初防衛戦が一番難しいと言われていた。KOにこだわって、最後に倒せてよかった」と笑顔。師匠の具志堅用高会長(62)も「うれしいですねえ! 初防衛戦は苦戦すると思った。(本人にかける言葉は)何もないね。ただ最高だけ。(今以上に)来年はどんどん強くなっていく」と愛弟子の快勝に喜びを爆発させた。

 比嘉は次戦へ向けて「あと1勝で(連続で)15KOになる」と日本記録に意欲。さらにWBA同級王者・井岡一翔(28=井岡)へ向けて「井岡さん、大みそかでもいいんで統一戦、よろしくお願いします!!」と呼びかけた。