村田諒太 エンダム戦へ“視界良好”左目視力が1・0→2・0大幅アップ

2017年10月18日 14時46分

予備検診を終えた村田(左)とエンダムは笑顔で写真撮影に応じた

 WBA世界ミドル級タイトルマッチ(22日、東京・両国国技館)で再び対戦する同級1位・村田諒太(31=帝拳)と王者アッサン・エンダム(33=フランス)が18日、都内で行われた予備検診で対面した。

 エンダムが判定勝ちした5月の王座決定戦、そして8月の試合発表会見以来となる再会。前日(17日)の公開練習で王者は「リングで倒れることがあるとすれば、それはお前だ」と挑発的な発言をしたが、いざ向き合うと互いに、にこやかな表情で視線を合わせた。

 一方「緊張感はありますけど、過度の緊張はない」と話した村田は、左目の視力が5月の1・0から2・0へと大幅にアップした。他は測定誤差の範囲内といえるものだっただけに、突出した数字。リベンジへ向けて“視界良好”といえる好材料だ。