【ボクシング】新王者・岩佐 3000万円フェラーリ贈られ笑顔「心の踏ん張りだった」

2017年09月18日 18時26分

岩佐はフェラーリに乗り込みガッツポーズ

 IBF世界スーパーバンタム級王者の岩佐亮佑(27=セレス)が18日、千葉・柏市で“ご褒美”のフェラーリを受け取った。

 13日に小国以載(29=角海老宝石)を6回2分16秒TKOで破った岩佐はこの日、スポンサーの自動車部品メーカー会社「ワールドウィング」中川貴行社長(33)から約3000万円の白いフェラーリ458スパイダーを贈られた。

 浮足立ったのか岩佐はフェラーリのロゴが描かれたTシャツで登場し、さっそく新たな愛車に乗ってガッツポーズを見せた。「これも夢だった。世界チャンピオンと合わせて一気に2つの夢がかなった」と会心の笑みを浮かべた。

 念願の世界王者となった岩佐だが「このご褒美がなければ違っていた。フェラーリと口に出して練習して、心の踏ん張りになった」と、王座奪取のモチベーションの一つだったと告白した。

 フェラーリを手に入れた岩佐は、一方で「世界チャンピオンになっていなかったら無理だった。これがかなった以上は、これからどうなるか」と冷静に未来を見据える。「オーナーとして維持していくプライドもある。ヘラヘラしていられない。頑張るだけ」と気を引き締めた。

 まだ左手親指が痛むという岩佐だが、練習は今月終わりごろから再開するという。これからは王者として挑戦を受ける立場になるが「とにかく必死で守り続ける。いろんな戦いに全力で臨む」と今後の防衛戦の展望を口にした。

 さらに「統一王者でもそこまでリッチになれない。夢は大きく、自腹で1台買えるような選手になりたい」と、さらなる大きな夢を語った。