【ボクシング】WBO世界スーパーフライ級V6 井上尚弥を最高権威「リング」誌がベタ褒め

2017年09月11日 16時30分

【カリフォルニア州カーソン9日(日本時間10日)発】世界の“主役”に躍り出た。WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(スタブハブ・センター)で、王者の井上尚弥(24=大橋)が、挑戦者の同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)を6回終了TKOで破り、6度目の防衛に成功した。

 5回、井上の強烈な左ボディーを被弾したニエベスは、力なくリングに崩れ落ちた。これで戦闘能力を失い、続く6回は下がる一方。陣営は勝ち目がないと判断し、この回終了後に棄権を申し出て、王者のTKO勝ちになった。

 井上は「すっきりしない勝ち方。あそこまで逃げられると、どうしようもない」と仕留め切れなかったことに不満げな表情を見せたが、ボクシングメディアの最高権威、米「リング」誌は、この日の戦いぶりを「素晴らしいバランス感覚があり、ピストンのようなジャブで、試合をどう支配すればいいのか分かっている」とベタ褒めした。

 これで14戦全勝の2階級制覇王者は、米国でも評価は高まっていたものの、実際に井上の戦いを見たことのある米メディアは皆無。

 それだけに本場でのデビュー戦で、どれだけの評価を得られるかが今後の米国進出へのカギになっていたが、同誌は「イノウエが米国に来ることは熱心なファンにとってグレートニュース。スーパーフライ級のボクサーには災難かもしれないが」と最大限の賛辞を贈ったほどだった。

 この日のメーンイベントではローマン・ゴンサレス(30=ニカラグア)がKO負けし、軽量級は世代交代が始まった。井上も「すぐにでも、またここ(米国)に戻ってきたい。相手は誰でもいい」と言い切る。

 今後は「階級を上げていく予定」とバンタム級に上げての3階級制覇も視野に入れる中、日本の怪物が次代のエースを目指す。