IBF王者・小国以載 アマ時代ボコボコにされた挑戦者・岩佐に弱気発言連発

2017年09月05日 17時08分

練習を公開した小国

 IBF世界スーパーバンタム級王者・小国以載(29=角海老宝石)が5日、都内のジムで、同級3位・岩佐亮祐(27=セレス)との初防衛戦(13日、エディオンアリーナ大阪)に向けた公開練習を行った。

 2人は高校時代に対戦した経験があり、結果は岩佐の完勝。プロになってからも何度かスパーリングをしたことがあるが「ボコボコに殴られたイメージが強い。アマチュアでやって一番嫌な相手とまさか世界戦でやるなんて」(小国)と、試合まで約1週間とは思えない消沈?ムードだ。

 岩佐が苦手のサウスポーということも追い打ちをかける。7月の対戦発表では、岩佐のことを「大嫌いな」ピーマンに例えるほどだったが、この日は「ピーマンが食べられない子供に食べられるようにするには、まずパプリカからということなので、僕もまずはパプリカからいきます」とかぶりつくパフォーマンスを見せた。

「予想は4―6(で岩佐有利)」「メーンが9時開始なんて、ずっと緊張しっぱなしで待たないといけない。1試合目がいいです」「僕はパンチがないので有名。勝つなら判定」などとどこまでが本心か分からないが、やたらとよくしゃべる姿は印象的。偵察に来たセレスジムのセレス小林会長(44)も「あれだけしゃべれるのは調子のいい証拠」と警戒心を強めた。

 6日には岩佐の公開練習が行われ、両者は11日の予備検診で顔を合わせる予定だ。