亀海喜寛 4階級王者コットに判定完敗「年間最大の番狂わせ」ならず

2017年08月27日 13時47分

コット(右)のパンチに顔をゆがめる亀海(ロイター=USA TODAY Sports)

【カリフォルニア州カーソン26日(日本時間27日)発】WBO世界スーパーウエルター級王座決定戦(スタブハブ・センター)で、4階級王者のミゲール・コット(36=プエルトリコ)と対戦した亀海喜寛(34=帝拳)が0―3の判定で敗れ、王座奪取はならなかった。

 世界初挑戦の亀海は「年間最大の番狂わせをする」との意気込み通り、試合開始のゴングとともに積極的に前に出る。2年近いブランクのあるコットに対して右でボディーを攻め、主導権を握ったかに思われた。

 だが、サウル・アルバレス(27=メキシコ)、フロイド・メイウェザー(40=米国)にマニー・パッキャオ(38=フィリピン)ら、ボクシング史に残るスーパースターたちと激闘を繰り広げてきた歴戦の猛者は、やはり一枚上手だった。

 2ラウンドには右ストレートで鼻血を出させ、その後も的確なワンツーで亀海に自分の距離を取らせない。中盤になるとコットは右ストレートで亀海の足を止める。かと思えば、クリンチに持ち込んで離れ際にパンチを打ち込むうまさを見せ、つけ入るスキを与えない。

 ほとんどポイントを取れない亀海が、やっと望む打ち合いができたのは10ラウンドの終了間際だったが、形勢を逆転するには時間がなさすぎた。

 11ラウンドは亀海がボディーを攻めるが、最終12ラウンドは逃げ切る態勢になったコットをつかまえることができなかった。

 採点はフルマークが1人。残る2人も10点差と8点差で完勝したコットは「5、6ラウンドやって、タフな試合になると思った」と亀海の健闘をたたえた上で「12月にあと1試合やって終わりだ。その後は家族との時間が欲しい」と、改めてあと1試合での引退を明言した。