具志堅氏 TKO負け・山中に助言「結論を急ぐ必要はない」

2017年08月16日 16時30分

戦況を見守った具志堅氏

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)で、王者の山中慎介(34=帝拳)は同級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)に4回2分29秒、TKOで敗れた。元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高氏(62)が持つ世界王座の国内連続防衛記録「13」に並ぶことはできなかった

 テレビ中継(日テレ系)のゲスト解説者としてリングサイドから戦況を見守った具志堅氏は「あと1つだったから勝ってほしかった。彼はボクシングを始めた京都(出身地は滋賀)で散って、私も最後(14度目の防衛に失敗)は沖縄だった」と自分のことのように残念がった。

 敗因については「山中君が負けたから言うのではなく、ネリは力強く、パワーもあった。2ラウンドに入っていた山中君のパンチ、普通なら倒れている」と指摘した。さらに「(ネリは)遠いところから打ってくるから、カウンターが難しかったのでは」。

 気になるのは今後だ。具志堅氏は「彼の左ストレートはナンバーワン。衰えることはない。強い人間だからできないことはないと思う」と期待した。しかし、同氏は自身の連続防衛が途絶えた時を「どん底に落とされた感じ」と表現しただけに「しばらくは決めることはできないだろう」と思いやった。だからこそ結論を急ぐ必要はない。伝説の“カンムリワシ”は「まずはゆっくり休むこと。リターンマッチをやるのか、次の団体にいくのかは本人の気持ち次第」とアドバイスを送った。