亀田和毅 国内復帰戦は大差判定勝ち「タイトルマッチしたい」

2017年03月10日 22時08分

タワッチャイ(左)を圧倒した亀田和毅

 元WBO世界バンタム級王者の亀田和毅(25=協栄)は10日、東京・後楽園ホールでの国内復帰戦でマイク・タワッチャイ(31=タイ)に判定3—0で勝利した。

 約3年3か月ぶりとなった国内での一戦に和毅は、兄の興毅、大毅に挟まれて“亀田トレイン”で入場し大歓声で迎え入れられた。試合が開始すると和毅はスピードを生かして積極的にパンチを繰り出す。序盤から優位に試合を進めたが、これを受けてタワッチャイは防御を徹底。中盤以降、積極的に前に出ることをやめた。そんな消極的な相手に和毅は“もっとこい”とばかりに5R終了直前に両手を後ろに組むパフォーマンスを見せて観客を沸かせた。

 6Rでギアを上げた和毅はさらにパンチを繰り出し、強烈な右であごをとらえてダウンを奪うなど見せ場をつくった。しかしその後はダウンを奪えず10Rで終了。防御に徹する相手をKOこそできなかったものの、力の差を見せつけて大差の判定勝利となった。

 試合後、和毅は「(勝って)次につながった。次も、応援よろしくお願いします」と話してから「チャンスがあったらタイトルマッチがしたい。日本で多くのみなさんにチャンピオンベルトを巻く姿を見てほしい」と世界を見据えていた。