【ボクシング】同級生のセカオワSaoriの結婚に刺激 田口良一「35歳までに子供が欲しい」

2017年01月19日 16時30分

注目発言した?田口

 WBA世界ライトフライ級王者の田口良一(30=ワタナベ)が18日、東京・大田区役所を表敬訪問。松原忠義区長(73)にV5を報告した。

 

 田口は出身も現住所も大田区。さらに2014年大みそかの初挑戦から、昨年の大みそかまで合計6回の世界戦をすべて大田区総合体育館で行ったという、根っからの地元民だ。

 

 防衛5回という区切りを迎え、2年間世界の頂点に君臨し続ける活躍。大田区では、なでしこジャパンの2011年女子W杯優勝メンバーだった丸山桂里奈(33)以来、スポーツ選手では2人目になる「区民栄誉賞」とすることを決めたが、田口は「僕なんかでいいのかと、本当にありがたいことです」と恐縮しきりだ。

 

 12日には中学時代の同級生でもある人気バンド「SEKAI NO OWARI」のSaori(30)が結婚を発表。

 

 田口は「付き合っている人がいることは、前から知ってましたよ」との“事情通”ぶりを明かしたが、自身についても「35歳ぐらいまでに子供が欲しい」と注目発言。もっとも「今のところ、相手はいないですけど…」というのだが…。

 

 次期防衛戦は「5~7月ぐらいにできれば」(渡辺均会長)との見通しで、田口本人は「2年間で5試合ぐらい。大みそかとかにこだわらず、等間隔のペースでできればいいですね」との希望だ。