ボクシング世界王者・長谷川穂積が引退発表「腹八分目ぐらいがいい」

2016年12月09日 14時16分

ベルトを持って会場を引き揚げる長谷川

 WBC世界スーパーバンタム級王者で3階級制覇の長谷川穂積(35=真正)が9日、現役引退を発表した。

 

 神戸市内で会見した長谷川は開口一番「(3階級制覇した)9月16日の試合を最後に引退することを決めました。2日後のWBC総会(米フロリダ)で王座を返上します」と話した。

 

 引退を決意したのは、3階級制覇から2か月ほど経過した11月中旬。「心と体を一致させて世界王者になることを目標にして達成した。もう目標がなくなってしまって、前回以上の気持ちでリングに上がることはできない。自分自身と話して、自分で決めました」と経緯を明かした。

 

 日本のジム所属のボクサーで世界王者のまま引退したのは、事故死した元WBA世界フライ級王者の故大場政夫氏、元WBC世界スーパーフライ級王者の徳山昌守氏(42)に続いて3人目となる。

 

「もう少し、みたいなぐらいで辞めるのが一番かなと。ご飯と一緒で、おなかいっぱいになるとおいしさがわからなくなるから“腹八分目”ぐらいがいいんじゃないでしょうか」との言い回しで、このタイミングで引退する理由を説明した。

 

 長谷川は1999年11月にプロデビュー。4回戦時代に2度の判定負けを喫したものの、2003年5月にプロ14戦目で東洋太平洋バンタム級王座を獲得した。

 

 05年4月には当時WBCバンタム級王座を14度防衛していたウィラポン・ナコンルアンプロモーション(48=タイ)に判定勝ちして同王座を獲得。10年4月のV11戦でフェルナンド・モンティエル(37=メキシコ)にTKO負けし、王座陥落するまで国内のジム所属選手で2位(当時)となる10度の連続防衛を重ねた。

 

 同年11月には“飛び級”でWBC世界フェザー級王座を獲得(V1戦で陥落)。14年4月には3階級制覇を狙って、IBF世界Sバンタム級王者のキコ・マルチネス(30=メキシコ)に挑んだが、7回TKO負け。引退濃厚と思われたが、約1年後に再起し、今年9月16日にウーゴ・ルイス(30=メキシコ)を破ってWBC世界Sバンタム級王者となった。

 

 プロ通算成績は41戦36勝(16KO)5敗。