【ボクシング】王者・井岡 18歳暫定王者と大みそか決戦「負ける要素はない」

2016年11月09日 15時29分

ポーズをとる井岡一翔

 WBA世界フライ級王者・井岡一翔(27=井岡)が9日、大阪市内の所属ジムで会見し、大みそかに同級暫定王者スタンプ・キャットニワット(18=タイ)と統一戦を行うと発表した。

 

 9歳年下の暫定王者との対戦に井岡は「自分もベテランというか、中堅になったんだなと感じる」と苦笑い。15戦全勝、タイ史上最年少世界王者という戦歴に勢いは感じつつも「負ける要素はない。受け止めてボクシングのレッスンをしようかな」と余裕を見せた。

 

 6年連続となる大みそか決戦の舞台は、地元・大阪ではなく島津アリーナ京都。「個人的な思い出はないが、京都は歴史のある場所。自分も歴史に残るチャンピオンになりたいと思っているので、語り継がれるような試合ができたら」。最近2試合の防衛戦のような終盤でのKOを理想に掲げた。