内山が現役続行宣言!大みそか復帰へ

2016年09月01日 16時30分

4度目の防衛に成功した田口(左)を祝福する内山

 KOダイナマイトが事実上の現役続行&大みそか復帰宣言だ。31日、WBAダブル世界戦(東京・大田区総合体育館)でテレビ東京のゲスト解説を務めた前WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志(36=ワタナベ)は、注目の去就について明言こそしなかったものの「自分だけが主役になれる。やっぱり世界戦っていいな、と思いました」「皆さんの期待に応えられるんじゃないかな、と思います」「今日で火がつきました。次の試合に向けて頑張りたい」などと、どう聞いても「復帰宣言」としか取れない言葉を連発した。

 

 4月の王座陥落後もジムワークは行っており、7月からは質、量ともにレベルアップ。体重も王者時代とほぼ同じで「いつでもスパーリングができる状態になってます」という。

 

 KO負けを喫したジェスレル・コラレス(25=パナマ)はこの日河野に勝ったコンセプシオンとマネジャーが同じということで、ワタナベジムの渡辺均会長は非公式に大みそかの再戦を打診している。内山の意思を確認次第、今後は本格的な交渉に入る見込みだ。

 

 後輩2人のこの日の戦いぶりについて「結果論だけど、河野は1、2回にもっと手を出していればよかった。田口は試合前は『緊張しています』と言っていたけど、堂々としていた」と“解説”した一方で「負けたままでは終われない。やっぱりやりたいな、という気になった」と本音も吐露した。

 

「近いうちに会長と話し合って方向性を決めたら発表します」とコメントした内山の心は固まっている様子だ。