メッタ打ち負けの和気 再起の道はあるのか

2016年07月21日 16時30分

和気(右)はグスマンの強烈なパンチを浴び続けた

 IBF世界スーパーバンタム級王座決定戦(20日、エディオンアリーナ大阪)は、同級1位の和気慎吾(29=古口)が同級2位のジョナタン・グスマン(27=ドミニカ共和国)に11回2分16秒、TKO負けを喫して王座獲得はならなかった。

 

 過去21勝すべてKO勝利のグスマンは序盤から本領発揮。5回までに計4度のダウンを奪い、5回終了時にはゴング後の左フックで“ダウン”させる一幕もあった。

 

 だが中盤以降は失速。和気も反撃するものの、カウンターを警戒しながらのパンチではダメージを与えられなかった。何とか粘った和気だが、11回、グスマンの左右の連打を食らってこうべを垂れるような体勢になったところで、レフェリーがストップ。和気はコーナーに戻ると、リングにひざまずいて号泣した。

 

 試合後は病院直行の予定を自ら「記者さんにひと言話したい」と申し出た。「すべてにおいて相手が上だった」と口にすると、再び泣きじゃくった。

 

 試合前の控室は沈黙のピリピリムードだったという。その緊張をリングに持ち込んでしまい、序盤で連続ダウンを喫したのが痛かった。

 

 リーゼントボクサーの再起は果たして…。