“リーゼントボクサー”和気慎吾 7・20世界初挑戦は「髪形が崩れる前に倒す」

2016年06月06日 15時58分

 ボクシングのIBF世界スーパーバンタム級1位・和気慎吾(28=古口)が、7月20日にエディオンアリーナ大阪で同級2位ジョナタン・グスマン(26=ドミニカ共和国)と王座決定戦を行うことが決定し、6日、都内で発表された。

 

“リーゼントボクサー”を売りにしている和気は、21戦全勝21KOのグスマンについて「確かにパンチは強いが、僕のほうがスピードは上。髪形が崩れる前に、立ち直れないくらいボコボコに倒したい」と強気に言い放った。

 

 試合翌日には29歳になる。予告通りの鮮やかなKO勝ちで、生涯最高の誕生日を迎えることができるか。