【ボクシング】内山高志 豪快TKOで日本単独2位のV11

2015年12月31日 21時06分

フローレス(右)を下し11度目の防衛に成功した内山

 WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ(31日、大田区総合体育館)は、スーパー王者・内山高志(36=ワタナベ)が同級6位オリバー・フローレス(24=ニカラグア)を3R1分47秒TKOで下して、11度目の防衛に成功した。

 今年で5年連続の大みそか決戦。日本が誇るKOダイナマイトが、いまや年末の風物詩となったKO防衛を果たした。内山の猛打が炸裂したのは3Rだ。強烈無比な左ボディーがクリーンヒットすると、挑戦者は身をよじるように崩れ落ちる。一撃で戦意を喪失させるようなダウンに、レフェリーはカウントをストップし圧巻のTKO勝利となった。

 国内単独2位となるV11で具志堅用高氏(60)の持つ連続防衛記録「13」にあと2と迫った内山だが、世界戦でのKO数はこの日で10となり具志堅超えの歴代最多となった。

 王者は「左が見えたので、ちょっと打ったらそのまま…」と笑みを浮かべながら振り返ると、「具志堅さんは偉大な大先輩。時代も違うんですけど、もっとビッグマッチができるかもしれないので。そういうのも含めて超えていきたいです」と豪語した。

 V13の金字塔が近づく一方で、元WBA世界フェザー級スーパー王者ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)との交渉も水面下で行われており、来年は念願の米国進出も現実味を帯びてきそうな気配だ。

 内山は「決まったらぜひやりたい。(ウォータースにも)勝つ自信あります」とキッパリ。36歳にしてなお進化を続ける最強王者が、さらなる大舞台を目指す。