王者・井岡VS挑戦者・レベコ 調印式&計量から大荒れ

2015年12月30日 17時50分

WBA世界フライ級王者・井岡一翔(左)

 ボクシングのWBA世界フライ級タイトルマッチ(31日、エディオンアリーナ大阪)に臨む王者・井岡一翔(26=井岡)が30日、大阪市内で調印式・公式計量に臨んだ。

 調印式を終え、グローブチェックに移ると、同級2位の挑戦者ファン・カルロス・レベコ(32=アルゼンチン)陣営は、用意された2組の青色の使用を拒み「見栄えがいい」と、一翔が選んだのと同じ黒色を使いたいと言いだした。

 黒も2組準備されていたが、これは試合中に破損した場合などの予備。一翔の父で井岡ジム会長の一法氏は「契約の時に何も言ってなかったのを、今さらなぜ言いだすんだ」と断固拒否。両者の主張は約40分も平行線をたどる。

 そんな中、レベコ陣営が「ノー・ファイト」と試合放棄をチラつかせると、一法会長も返す刀で“最後通告”した。

「帰るなら、帰れ。ただしファイトマネーは払わん。お前らが契約破棄したんだから(裁判など)出るとこに出るぞ!」

 これを聞いたレベコ陣営は意外なほどアッサリと白旗を掲げ、青グローブの使用に合意した。

 その後、15分ほど遅れて行われた計量では一翔がリミット(50・8キロ)ちょうどでパスしたのに対し、レベコは微妙にオーバーしており、全裸で秤に乗ってパスするというドタバタぶり。

 体重は、ジッとしているだけでも30分で50グラムぐらいは落ちるため、グローブ騒動はレベコ陣営が減量苦をごまかすために演じた、との見方もできる。

 そんなドタバタにも一翔は「僕はいつも平常心。2015年を締めくくる試合をしたい」と落ち着いた口調で話した。

 5年連続の大みそか決戦。弱い犬ほどよく吠える、を地でいったような挑戦者を黙らせる完勝をしたい。