石井慧が「サトシ・イシイ」に名を変えてプロボクシングデビュー 6月にクロアチアでライセンス取得

2022年08月02日 18時23分

石井慧(東スポWeb)
石井慧(東スポWeb)

 総合格闘家の石井慧(35)がクロアチア戦士「サトシ・イシイ」と名を変え、ボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏が会長を務める「3150ファイトクラブ」主催のイベント「3150ファイトVol・3」(14日、エディオンアリーナ大阪)でプロボクシングデビューすることが発表された。

 練習拠点のクロアチアで2019年に国籍を取得した石井は、今年6月に同国のボクシングコミッションでライセンスを取得。その後、デビューに向けてロシア・モスクワのブーパスジムでボクシング修行を続けていた。

 そのデビューのリングとなったのは、何かと話題を集める3150ファイトのリングだった。2日、ヘビー級4回戦で高山秀峰(スパイダー根本)と対戦することが正式に発表され、イシイは「自分が戦う事によって、少しでも日本ヘビー級の盛り上がりにつながればうれしいですね」とコメントを発表。「これに勝ったら但馬ミツロ選手の踏み台に使ってみてはどうでしょう?」と、期待されるヘビー級ファイター・但馬ブランドン・ミツロの名を挙げた。

 対する高山はプロ1戦1勝1KOで「今回、『3150FIGHT』という大きな舞台で、有名なイシイ選手と試合ができることは大変光栄です。ボクシングでは自分のキャリアが上なので、絶対に倒して勝ちます。応援よろしくお願いします」とした。昨年9月から3試合K―1に出場し3勝1KOの結果を残したイシイ。今度はボクシングのリングでどんな戦いを見せるか。

関連タグ: