井上尚弥に続く“モンスター” 誕生か アマ10冠・今永虎雅に「ライト級で世界狙える」の期待

2022年03月16日 06時15分

得意の左ストレートを披露する今永虎雅(東スポWeb)
得意の左ストレートを披露する今永虎雅(東スポWeb)

 大橋ジムに2人目の〝モンスター〟誕生か。アマチュアボクシング10冠の今永虎雅(たいが=22)が15日のプロ転向会見で早くも大物ぶりを見せつけた。スーツ姿で登場した今永は「得意パンチは今までダウンを取ってきた左ストレート」と名刺代わりの自己PR。同ジムにはWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28)が所属するが「正直、好きな選手とか目標の選手はいない」と言い切った。

 王寺工高時代は史上初の8冠に輝き、東洋大進学後も2つのタイトルを獲得。アマ通算126戦113勝(23KO)の実績を残した。強さのルーツは大阪・河内長野市の〝格闘一家〟にある。極真空手の経験がある父の勧めで5歳でキックありの「グローブ空手」を始め、パンチに磨きをかけるため中学からボクシングに入門。弟、妹も同じ道を歩んだ。

 兄弟げんかは日常茶飯事。「メッチャしましたね。でも、お互いに格闘家なので殴り合いはなかった」と言いつつも「蹴り合いでした」と笑う。実際にキックボクシングを目指した時期もあり、K―1への憧れもあったという。

 今後は4月26日にプロテストを受け、デビュー戦は6月を予定。大橋秀行会長が「サウスポーでパンチも強いし、ディフェンスもうまい。彼ならライト級という厚い壁の中で世界を狙える」と太鼓判を押す〝大物ルーキー〟に今から注目だ。

関連タグ: