ミライモンスター・松本圭佑 “ミライ”からの卒業を宣言「尚弥さんみたいなモンスターに」

2022年02月22日 20時08分

プロで4戦無敗の松本圭佑(東スポWeb)
プロで4戦無敗の松本圭佑(東スポWeb)

〝ミライ〟から卒業だ。ボクシングの松本圭佑(22=大橋)が、4月22日に東京・後楽園ホールで伊集盛尚(琉豊ボクシングスタジオ)とフェザー級8回戦で対戦することが発表された。

 当初、このカードは今月28日に行われる予定だったが、松本の負傷により延期となっていた。22日の会見で周囲に謝罪しつつ「ケガを治すことに集中している。練習もばっちりできるようになっている。(試合は)集中を切らさないように戦いたい」と語った。

 松本はアマで2018年全日本バンタム級準優勝など輝かしい実績を残し、20年8月にプロデビュー。プロではここまで4戦全勝(4KO)の戦績を誇っている。

 少年時代から飛び抜けた実力とポテンシャルを持ち、フジテレビ系「ミライモンスター」で何度も取り上げられるなど注目を浴び続けてきた。

 次戦でもその実力を見せつけることが期待されるが、本人は「まだ松本圭佑といえば『ミライモンスター』の印象が強いと思うけど、試合をこなしてミライを取りたい。先輩の尚弥さんみたいに『モンスター』と呼ばれる試合をしていきたい」と、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)のように真のモンスターになることを誓った。

関連タグ: