井上尚弥 カシメロに「シラけた」と一刀両断も「ボコボコにしてほしいファンもいる」

2022年01月14日 23時05分

女性ファン(右)のパンチをミットで受ける井上(東スポWeb)
女性ファン(右)のパンチをミットで受ける井上(東スポWeb)

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28=大橋)が14日、WBO王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)に対して〝本音〟をのぞかせた。

 この日は東京・後楽園ホールで開催されたWOWOWのイベント「エキサイトマッチ30周年記念 リングサイド会議SP『黄金の中量級』」にスペシャルゲストとして登場。同局解説のジョー小泉氏、元WBC世界スーパーライト級王者の浜田剛史氏らと行ったトークショーで、カシメロに話題を振られると「すごく興味のある選手ではあるし、実力も高い選手だと思うんですけど…」と言い、その直後に辛辣な発言が飛び出た。

「まあ、それ以前の問題なんですよね。うーん、何だろうな…。もう当初から比べると、戦う興味がなくなったというか。ちょっとシラけたというか」

 カシメロはV5戦(UAE・ドバイ)の前日計量を欠席してドタキャン。海外メディアは減量失敗疑惑を指摘する中、WBOは王座剥奪を見送る決定を下していた。それを受けて、井上のテンションは下がったという。

 しかし、この日の会場からはカシメロ戦を熱望する声が多数。そのムードを井上も察知し「カシメロをボコボコにしているところを見たいっていうファンもいるので」と発言すると、大きな拍手が沸き起こった。最後は「ホントにしっかりと交渉がまとまって、スムーズに戦えるのであればやりたい」と言い切った。

関連タグ: