井上尚弥への “刺客” アラン・ディパエン 14日決戦へ怪気炎「怖かったら日本に来ていない」

2021年12月05日 19時36分

決戦を前に自信を見せたアラン・ディパエン(大橋ジム提供)
決戦を前に自信を見せたアラン・ディパエン(大橋ジム提供)

 タイからの刺客が怪気炎だ。ボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ(14日、東京・両国国技館)で、統一王者・井上尚弥(28=大橋)に挑戦するIBF世界同級5位のアラン・ディパエン(30=タイ)が大一番を控え、自信を見せた。

 先月28日に来日し、神奈川県内の隔離空間「バブル」で調整を続けるディパエンは、5日に大橋ジムを通じてコメント。「減量も問題はないし、コンディションもバッチリですよ」と順調な調整をアピールした。一方で相手は数々の挑戦者を圧倒的なパワーで蹴散らしてきた絶対王者だけに「テクニック、スピード、パンチ、すべてを備えるボクサーだと思っている。井上尚弥はすべてが危険。すべてに警戒します」と警戒レベルを最大限に引き上げている。

 だが、自身も祖国の国技であるムエタイで60戦50勝のキャリアを誇ると同時に、ボクシングを始めたのも13歳という猛者。今戦に向けて199ラウンド(R)のスパーリングを敢行し日本に乗り込んできた。

 来日時には井上に対しKO宣言も飛び出したが、この日も「井上が怖かったら日本に来ていないし、絶対に勝てると思っているから日本に来たんだ」と〝モンスター狩り〟に強気な姿勢。さらに自身が井上より優れている点について「それは、リングの中の僕をみれば、それがわかるはずです」と不気味に言い放った。

 下馬評では井上に〝瞬殺〟される見方が大半を占める中、果たしてタイの刺客は、これまでの挑戦者と同様にモンスターに瞬時にのみ込まれてしまうのか、それとも…。

関連タグ: