日本最重量級レジェンド・西島洋介〝亀田興行〟で復活「まさかリングに上がるとは」

2021年11月27日 20時10分

左から亀田興毅氏、西島洋介、亀田大毅(東スポWeb)
左から亀田興毅氏、西島洋介、亀田大毅(東スポWeb)

 あの男が帰って来る! ボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏(35)が会長を務める「3150ファイトクラブ」は27日、都内で会見を開き、12月16日に主催する「3150ファイトVol・1」の追加カードを発表。そのラストマッチとなるエキシビションのカードに、かつて日本初の世界ヘビー級王座を本気で目指した西島洋介(48)の名前があった。

 対戦相手は全日本選手権ライトヘビー級2連覇の但馬ミツロ。日本ボクシングコミッション(JBC)管轄外の「ヘビー級・特別エキシビション」としてスパーリング形式で行われる。マッチメークした興毅氏は「西島さんは昔、重量級で大活躍されたボクシング界の功労者。最後にリングに上がりたい熱い思いがあり、ボクシングを盛り上げたい僕たちと同じ思いだった」と説明した。

 会見に現れた西島は「48歳で引退すると思っていたので、まさかリングに上がれると思っていなかった。感謝しています。日本のヘビー級を盛り上げるために頑張っていきます」と決意表明。40歳で引退後もランニングやジムワークを継続していて「体調は万全です」と自信満々だ。

 また、試合への恐怖心は「全くないです」と言い切り、相手の但馬については「一度も会ったことがないので何とも言えないです。かなり手ごわいと思うので体調を万全にして12・16を迎えたい」と話した。

 西島は90年代に米国を主戦場に活躍。「西島洋介山」のリングネームでWBF世界クルーザー王座を獲得し、2003年にボクシング界からフェードアウトした。

【関連記事】

関連タグ: