【ボクシング】井上尚弥 4団体統一に照準「実力差を見せつけて勝たないといけない」

2021年11月18日 16時44分

4団体統一に照準をあわせた井上尚弥(東スポWeb)
4団体統一に照準をあわせた井上尚弥(東スポWeb)

 圧倒的な実力差を見せつける。WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)が18日、都内とオンラインで会見を行い、WBA同級8位、IBF同級5位アラン・ディパエン(30=タイ)との防衛戦(12月14日、東京・両国国技館)に向けて意気込みを語った。

 2年1か月ぶりに国内で開催される一戦。井上は「4団体統一を目指す中で、試合の感覚をつかむために大橋(秀行)会長にこの試合を組んでほしいと。来年の春に統一戦、そこに照準を合わせて最高のパフォーマンスを見せたい」と話した。

 12月11日にはWBC同級王者ノニト・ドネア、WBO同級王者ジョンリール・カシメロがそれぞれ防衛戦を行う。この日の会見では、井上が「リードパンチで倒す」と言葉にする映像が流れ、これについては「カシメロに向けてのアピールにもなるし、それだけの実力差を見せつけて勝たないといけない試合」と説明した。

 井上は「試合が近づくにつれて、ファンの方が試合結果を予想したりすると思うんですけど、そういう方の考えや予想をはるかに超えた勝ち方をしたいというのが毎回のテーマ」と気合十分。モンスターの拳にファンが湧くのは間違いない。

 また、この一戦は「ひかりTV」のペー・パー・ビュー(PPV)、「ABEMA PPV ONLINE LIVE」で生配信される。

関連タグ:

ピックアップ