【ボクシング】村田諒太〝空白の2年〟も「僕個人としてはそこまでネガティブに捉えていない」

2021年11月12日 16時37分

〝空白の2年〟について語った村田(東スポWeb)
〝空白の2年〟について語った村田(東スポWeb)

 WBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太(35=帝拳)とIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)の統一戦(12月29日、さいたまスーパーアリーナ)が正式発表された12日、都内で会見が開かれた。

 新型コロナ禍で試合を組むことができず、村田は2019年12月のスティーブン・バトラーとの初防衛戦以来、2年ぶりにリングに上がる。ただ、本人は「試合ができないのが試練といえば試練かもしれないが、そんなに悪い時期ではなかった」と語った。

 決して〝コロナ禍=悪い時期ではない〟という意味ではない。村田自身「そういう意味じゃないという意味をしっかり理解していただいたうえでの発言と捉えてほしい」と強調した上で「誰かに会うことも含め、ボクシングを通して皆さんに会う、ボクシングを通して何かをすることができない状況でしたけど、逆に内側に向き合えましたね」と話す。

 続けて「自分の気持ちはどうなっているのか、自分はどういう人間なんだろうか、自分の内側に向かう機会があったと思いますし、僕個人としてはこの2年間はそこまでネガティブに捉えていないです」と、自らと向き合う大事な時間になったようだ。

関連タグ:

ピックアップ