【ボクシング】村田諒太「勝って最強を証明したい」ゴロフキンとの統一戦に意気込み語る

2021年11月12日 15時15分

ゴロフキン戦への決意を明かした村田(東スポWeb)
ゴロフキン戦への決意を明かした村田(東スポWeb)

 WBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太(35=帝拳)とIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)の統一戦(12月29日、さいたまスーパーアリーナ)が正式発表された12日、都内で会見が開かれた。

 村田は2年ぶりに組まれた一戦について「まずはこの試合を決めてくださったことに感謝」と切り出すと「ミドル級で世界チャンピオンになるということは僕が大変なのではなくて、試合を組むという、プロモートしてくれることが大変。ファイターは戦うだけですけど、この試合を導いてくださった皆さんに感謝したい」と率直な思いを語った。

 対戦相手のゴロフキンは、23戦連続KO勝利やWBA同級王座を19度防衛しており村田が「1番尊敬する選手」。過去には合同トレーニングやスパーリング経験もあり「(当時は)ゴロフキン選手の強さを実感した」と振り返るが「世界の壁の厚さ、高さを感じたと同時に上りたいなという気持ちになった。そして、今はこうやって上ってきた。ようやくゴロフキン選手と試合するにふさわしい立場に、実力になったと思う」と自信を見せる。

 過去41勝1敗1分けのゴロフキンを「ミドル級史上最強。(1敗、1分けは)両方とも勝っていた試合だと思うし、彼は事実上全勝の選手だと思っている」と村田。「その選手に勝って最強を証明したい」と言葉に力を込めた。

関連タグ:

ピックアップ